ログイン
メインメニュー




カテゴリ: 組織・ヒト
訪問東京大学人工物工学研究センター サービス工学研究部門 人気 最終更新日: 2006-12-3 21:27
説明:
循環型社会の構築のためには、大量生産・大量消費という製品主体の産業構造から、人工物のライフサイクル全体を考慮したサービス・知識主体の産業構造へのパラダイムシフトが必要です。本研究部門では、サービスや知識を付加価値の源泉とする脱物質化を目指し、サービス創造の方法論の確立と様々なサービスシステム開発、その体系化などに取り組んでいます。サービス工学の具体的研究として、人の行動計測・モデル化・判別手法の開発、ヒト脳神経系シミュレーションとサービス設計への応用、ロボティクスやユビキタスシステム技術を応用したサービス・メディアの開発と応用、サービスのモデリング、サービス設計支援ツールの開発などを行っています。

ヒット数: 1748   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。