Home  News  Events  Album  Links  English Version
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
スケジュール
2005-11-30: ヒトセミナー(12)
担当者 OtakeM  登録日時 2006-04-12 23:38 (3384 ヒット)

日時:2005年11月30日(火)13:00-14:15
場所:柏総合研究棟
発表者:新井田 厚司
所属:東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 分子細胞生物学研究所分子情報研究分野 博士課程二年(発表時)
タイトル: 大腸癌における転写制御ネットワークの解析
キーワード: 転写因子、大腸癌、Wnt、マイクロアレイ

書誌:新井田 厚司,大腸癌における転写制御ネットワークの解析.ヒトセミナー要旨集, no.12, pp.1, 2005.
(本発表ならびに本要旨について引用する際は、こちらをご利用ください。)

要旨:
分子生物学の発展により多くの癌遺伝子、癌抑制遺伝子が同定され、またそれらの多くは正常細胞においては増殖・分化や固体発生等の高次機能を制御するシグナル伝達経路の構成因子として機能している事が示されてきた。よく癌は遺伝子の病気といわれるが、その遺伝子という素子の変異が細胞内の情報処理システムのderegulationに帰結する。本セミナーでは、癌におけるシグナル伝達研究において、前半ではこれまで分子生物学による還元論アプローチにより生み出されてきた成果を、大腸癌及びWntシグナル伝達経路に焦点を絞り概説し、またその限界についても議論する。後半では、それの限界を克服すべく自身が取り組んでいるシステムレベルからのアプローチとして、integrative bioinformaticsによる転写制御ネットワークについての解析について述べる。

参考文献:
[1] 山本 雅, 仙波憲太郎, 癌のシグナル伝達がわかる, 羊土社,2005
[2] Gregorieff, A., & Clevers, H., Wnt signaling in the intestinal epithelium: from endoderm to cancer, Genes Dev., 2005, 19, 877-90
[3] Kawasaki, Y. et al., Asef, a link between the tumor suppressor APC and G-protein signaling, Science, 2000, 289, 1194-7
[4]. Fearon, E. R and Vogelstein, B., A genetic model for colorectal tumorigenesis, Cell, 1990, 61, 759-767.
[5] Special Issue: Systems Biology, Science, 2002, 295, 1661-82
[6] Chipping forecast III, Nature genetics, 2002, Vol 32, Issue 4s
[7] Ureta-Vidal,A et al., Comparative genomics: genome-wide analysis in metazoan eukaryotes, Nature Reviews Genetics, 2003, 4, 251-262
[8] Chipping forecast III, Nature genetics, 2005, Vol 37, Issue 6s
[9] ENCODE Project Consortium, The ENCODE (ENCyclopedia Of DNA Elements) Project, Science, 2004, 306,636-40
[10] Ueda, R.H. et al., System-level identification of transcriptional circuits underlying mammalian circadian clocks, Nature genetics, 37, 187-192
[11] Lamb, J. et al., A Mechanism of CyclinD1 Action Encoded in the Pattern of Gene Expression in Human Cancer, Cell, 2003, 114, 323-34
[12] Stormo, G.D., DNA binding sites: representation and discovery, bioinformatics, 2000, 16, 16-23
[13] McLachlan, G.J. et al., Analyzing Microarray Gene Expression Data (Wiley Series in Probability and Statistics), Wiley-Interscience, 2004
[14] Xie, X, et al., Systematic discovery of regulatory motifs in human promoters and 3’UTRs by comparison of several mammals, Nature, 2005, 434, 338-45
Copyright (C) 2005-6, Human Science Integration Program - Humans. All right reserved.